Luaプログラミング入門 > 第4章 制御文 > if elseによる条件分岐 > if elseの書き方


[Prev] [Next] [Up] [Contents][フレーム表示] [フレーム解除

if elseの書き方 応援する 

書式
if ( 条件式 ) then
    条件式が真であるときの処理
else
    条件式が偽であるときの処理
end

条件式にはカッコが無くても構いません.

では,実際にif else構文を使ってみましょう.

ここでテストの成績を判定するプログラムを作ってみましょう. もし点数が60点以上であったら合格を, そうでなかったら不合格を表示するプログラムを作ります.

result = 70
if result >= 60 then
        print("合格")
else
        print("不合格")
end
実行結果
合格

resultが60以上であるかを比較する際には,関係演算子>=を使用します.

resultの値を50にしてみると次のようになります.

実行結果
不合格

elseは書かなくてもかまいません.

hoge = 10
if ( hoge == 10 ) then
        print("Hello world")
end

このプログラムはhogeが10と等しい時にだけ Hello worldを出力します.

ここで注意して欲しいのは, hogeが10と等しいと判定する場合, hoge = 10 ではなく,hoge == 10 であるということです.

また,条件を複数書きたい場合,次のように書きます.

hoge = 8

if( hoge == 10 ) then
        --Aの処理
elseif( hoge == 9) then
        --Bの処理
elseif( hoge == 8 ) then
        --Cの処理
else
        --Dの処理
end

第2,第3の判定を付けたい場合,elseifを使用します. この場合Cの処理が実行されることになります. ここでもしhogeが9であるならばBの処理が行われますし,6ならばDの処理が実行されることになります.


[Prev] [Next] [Up] [Contents][フレーム表示] [フレーム解除

このサイトについて|ヘルプ|Q&A|個人情報保護|プライバシーポリシー|利用規約|コメント・トラックバック規約|削除規程|広告掲載
Copyright (c) 2005-2007 Time Intermedia Corporation